Message from Seniors

「わからないんですけど…」と気兼ねなく聞けることで楽になれて、自分の目標が見えてきたんです。

システム部 プログラマ K.A 2015年入社

私は現在、金融分野の債権管理システムを手がけています。プロジェクトチームに詳細設計フェーズから参加し、現在は結合テストフェーズを迎えていて、私はそこで結合テストで使うチェックリストを作成しています。まだリリースしていないのでわかりませんが、おそらくお客さんの要望以上の品質を提供できたのではないかと自負しています。
実は私はコンピュータや IT に関して、ほとんど知識のない初心者状態で入社したのです。最初はものすごく不安でしたが、アットホームな雰囲気の中、研修をはじめ先輩たちの日ごろの丁寧な指導によって、自分でも徐々に理解できるようになりました。
たとえば最初のころ、他人の書いたコードが理解できなくて困りました。
暗号のように見えてしまって意図がわからないんですね。しかし、粘り強く解析を続けることで理解できました。
そこから学んだのは、コードは人が意図をもって記述したものなので、論理的に考えていけば理解できるということです。
今や難しめのプログラムを上司から任されたときなど、特にやりがいを感じます。「ステップを上がっていけてる」と実感できますからね。
今の現場は黙々と作業している人が多いですが、たまに雑談になるという雰囲気。ISI のスタッフも仕事中は静かですが、冗談を言う人もいたりして和気あいあいとしています。メンバー構成は老若男女いてキャリアもさまざま。
みなさん淡々と仕事に取組んでいますが、質問したら丁寧に回答してくれるので、わからない点があったら気兼ねなく「わからないんですけど…」と聞くことができる、そんな環境です。現在開発しているシステムを無事本番稼働させられるよう、手戻りにならないよう、正確な作業を心がけます!

個人技ではなくチームワーク。…困難をのりこえながら、システム開発の本質が見えてくる。

システム部 プログラマ A.H 2015年入社

現在私は、会計パッケージの改修作業について、プログラマとして開発に取組んでいます。そうですね、私が感じる ISI のいちばんのいいところ…。それは社員同士の距離が近くて、なんでも気がねなく話し合える仲間意識の高さではないでしょうか。
ISI の先輩のみなさんは、技術面に長けているだけでなく、人間性が豊かな方が多いんです。
リラックスするときは和気あいあいとし ていますが、集中するときは独特な緊張感に包まれる。メリハリがきちんとつけられているのは、われながら「さすがプロ意識 の高い集団だな」と敬服します。
また日々の仕事の展開では、案件ごとに取引先やパートナー企業など社外のさまざまな人たちとの出会いが待っています。
一緒に協力して一つのシステムづくりをすすめる中で、技術的なアプローチや価値観など、いい意味でのちがいに出くわす機会がよくあります。そんなときは刺激を受けると同時に、エンジニアとしての視野を広げることができるのです。
壁につき当たることももちろんありました。しかし、そんなときは周囲みんなが助けてくれ、もち直すことができて…。
自分の成長・成功は、周囲のサポートがあってこそなんですね。エンジニアは個人技で完結する度合いの高い仕事だと思っていましたが、 そうではなくチームワークが最も大切なんですね。
業務を通じてその本質を教わりました。プロジェクトが一段落し、達成感を得たときがいちばんうれしくて、また自分でも「一歩成長できたかな」と実感できるときでもあります。
これから先の自分のステップとしては、まずはどんなことであれ、自分の苦手意識の克服を徹底する! 当面は自分でもスキル不足を感じている SQL を不自由なく使えることが目標です。
また各種資格手当もあり、会社をあげて社員のスキルアップを後押ししてくれる環境も整っていて、大きな励みになります。